【株主優待】ロック・フィールド

株主優待

駅や駅ビル、百貨店などに惣菜店を展開するロック・フィールドよりおそうざい券が到着しました。

店頭の「アール・エフ・ワン」のロゴで有名です。

お洒落な雰囲気で、いつも女性客で賑わってる印象ですね。

優待内容

今回頂いた優待券は500株分、おそうざい券3,000円相当です。

投資のリターンをざっと計算しますと…

100株=141,000円(7/26株価)で計算した場合、
500株=705,000円で3,000円券ゲットで…0.42%の回収率になります。

一年持ち続けたら4月決算分に加えて、10月はプラス1,000円。
705,000円で4,000円券ゲット → 0.56%にUP✨

また、年間の配当利回りは2.27%(7/26株価)
これらを合算すると、2.27%+0.56% = 2.83%になります。

高利回りとは行きませんが、美味しいお惣菜を楽しめるので、
なかなかお得で素敵な優待だと思います。

詳しい内容はこちら↓

優待内容はこちら。
①100株以上  自社ファクトリー・オフィス見学会に招待
②200株以上  おそうざい券 1,000円相当 
③500株以上  おそうざい券 3,000円相当
④1,000株以上 おそうざい券 10,000円相当
⑤3,000株以上 おそうざい券 15,000円相当
⑥5,000株以上 おそうざい券 30,000円相当
※②〜⑥までは4月のみ。今は5年以上継続保有で+1,000円増

⑦100株以上  おそうざい券1,000円相当
※10月のみ  

会社の状況

次に、会社としての状況を見てみましょう。
株価の推移を1年の日足チャートで見てみると…↓

昨年の今頃は1,850円近辺だったのが、今現在1,410円。
▼24%ほど下落し、今は3年前の株価水準になっています。

業績の状況

それでは業績はどうでしょうか。
ロック・フィールドの通期業績推移はこちら↓

今年6月に発表された本決算では、予算対比90.8%の達成率。
その前期に比べ、営業利益の減少が目立ちます。

何が悪かったのでしょうか。「会社四季報」によれば、
・新規出店はほぼなし。
・惣菜の価格帯拡大で高単価品が増加傾向。
会社の客数計画はやや楽観的
とありました。

管理人の個人的に気になる点は、
2018年以降、業績の下方修正を複数回発表していること。

経営陣が現場の状況をよく見ていて、もし客数が減少しているなら
業績を保守的に発表するのがセオリーかと思いますが…

このあたりの事情はよくわかりませんが、
投資対象としては安心できない印象があります。

ピックアップポイント

一方、良いなと思うポイントは…

この会社は借金がほぼなく、財務面で堅実体質です。
現金余力が多く、おいそれと傾くことはなさそうです。

その裏返しとして、新たな投資や高い効率性を追い求めると
いう社風ではなさそうです。

資本の効率運用を示すROEは6%ほど。
現時点では自己資本を効率的に運用しているとは言い難いですね。

この手堅さはお惣菜の中食産業ならでは?かも知れませんね。

決算レポートでは、2020年に静岡の工場を拡張して、製造の機械化・自動化を推進するとありますので、同社の今後に期待したいです。

見た目に美味しそうな惣菜は、インスタ映えもしますね笑

以上、2910 ロック・フィールドでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました