しくじり損切りの記録

株日記

こんにちは。
大田区のアニキこと、まっくるです。

今日は夏期休暇の時間を利用して、今年の5〜7月に実施した断捨離について振り返りを行いたいと思います。

せっかく新車一台を事故で廃車したくらいの損を出したのだから、せめて二度と同じ失敗を繰り返さないよう記録に取っておきませんとね!

このブログを始める前の2019年春における日本株保有状況はこちら。
・保有銘柄 39
・総投資額 20,800千円(信用含む)

その中身はこちら↓
※注:買値は当時のもの、現在値は8月14日のものを記載

改めて損益欄を見ると真っ赤っか〜ですね💦

これらは全て7月中に損切り処分済みですが、「もし今もホールドし続けていたらどうなっていたか?」との意味で、上の表では当時の買値と現在(8月14日終値)を併記しています。

処分した7月時点での年度通算損益は▼470万円程でしたが、8月14日付評価では▼540万円程に損失増となっています。当時損切りしていなかったらさらに70万円ほど負債が膨らんでいた計算になります🤮ゲー 

7月31日時点での年間損益

いやいや、今見てもしんどいリストです。
当時だって何年かすればいつかは上がると淡い希望を抱いて待つ姿勢でしたが…、銘柄選びを結果的に失敗していたのを認めたくなくて、ズルズル引っ張っていたんです。

よくこんなものと付き合っていたな…と反省しきりです…
この根拠なく待ち続ける姿勢というのは、どこか、悪い男(または女)のDVに耐えるマインドに似ているのかも知れません。

繰り返し胸に刻むべきは、適切な損切りは義務であること。

本来、株価は上下するもの。
損切りした後に上がることだってよくあります。

ですが、損が膨らんだままで放置してはいけない。
評価損益を見る行為自体が怖くなり、見て見ぬふりをしてしまう様になります。

ストレスが溜まり、投資への意欲もすり減ってしまう。

一時的な損を堪えて、より良い投資に切り替える勇気を持つことが投資家としての成長の機会にもなります。

当時はロスカットする勇気がなかった
具体的には、買値から▼10%下落で切れなかったこと。

投資2,000万円なら▼10%の200万円で損は済む。
これを耐えてしまった為に470万円に傷を広げてしまった。

ロスカット出来ない時点で投資家失格
大甘でした。
今後はスタンスを改めて徹底して行きます。

また心が揺れそうな時、このページを見て戒めとします。

もしこれを見てくれた人が同じように含み損を抱えておられたなら…

やはり迷わず損切りされる事をオススメします

自分の場合は、上の表を見るだけで当時の息苦しさを感じました💦
できるだけ気にしないようにしても、かなりのストレスだったのだろうと。

残金を持ってまたやり直せばいいのです。
また刻を待てばいい。
勇気を出しましょう!

…と、半年前の自分に対して話しています。

追加投資&無限ナンピンできる方は別格なのでしょうが、もしそんな方がおられたら手記を拝読してみたいですね〜。
それはそれでメンタルを見習いたい…

投資は儲ける為に行うもの。
良い投資で良い人生を送りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました