株資産推移(19年8月末)

資産経緯

こんにちは。
まっくる@大田区のアニキです。

ブログをはじめて丸3ヶ月が過ぎようとしています。
毎日更新を目指してはいるものの、気持ちに余裕のない時はこれが出来ない日もありました。ブログを書くという行為は、自らと向き合うこと。メンタルを良い状態に保っていないと難しいと実感しました。

それなら、日々の出来事を冷静に受け止めながらも淡々と綴って行ければ、それはメンタルトレーニングにもなります。まだ書くだけで精一杯ですが、これを見て頂いている方を思い浮かべて書ける様に成長したいと思います。

昨日51歳の誕生日を迎え、改めての所感でした。

それでは、これまでの経緯を振り返ってみましょう。

資産推移

2010年に本格的に株式投資を開始して以来の推移です。

前回報告の7月末時点よりも1,113,739円の増となっています。
増加した要因はあくまで換金した余力を日本株(JT)やアメリカ株に充てた結果であって、株価が伸びた訳ではないのがまだまだなところ。

期間中の日経平均対マイポートフォリオの進捗は以下の通り。

元金から8倍程度ほどと増加してはいますが、如何せん2018年の評価損が大きくて、その上に行くのはまだ当面先になりそうです… ま、ドンマイドンマイ。

10年前を100とした場合の資産日経平均との伸長率は以下です。

伸び率だけを見ればそこそこですが、何度か触れている通り、2017年までの日本市場は上げ相場で、割安株を買っておけば勝手に上昇する地合いに助けられたからに他なりません。

2018年以降の下落相場では銘柄選定の難易度が急に上がっているため、自分の銘柄選びの甘さは否めません。

開き直って成長する機会と捉えていますが、なかなかこの調整局面での勝ち方が見つけられずに苦労しています💦

ポートフォリオ

現在の投資資産を呼べるものを一覧化しました。

会社で積み立てている持株会(銘柄は内緒)や企業型積立年金やら含めて全て公開しますと、こんな感じです。※全て8月31日時点の円換算にて算出

まとめると、現在は以下の資産配分になっています。

日本株が占める割合が3割まで減少しています。投資を始めて以来、最も少ないのが残念でもあり、少々不安材料でもあります。

ポートフォリオ詳細

ここでは主に株式投資先についてレポートです。

①国別の投資配分

今年日本からアメリカへと資金を移した結果、上記となっています。
今後、中国やASEANエリアを30%に引き上げるのも一つの手かも知れません🤔

②アメリカの投資先

アメリカは優良とされる銘柄を中心に11銘柄保有しています。本当はラッセル2000にあるような小型株にも投資したいところですが、真夜中に株価が気になるのも体調に影響しますので、その気持ちをETFで埋めています。

それにしてもアメリカ株の強いこと。
下がっても直ぐに盛り返す底堅さは他の市場にはない安心感がありますね…

少し前は日本株も強い時があったのですが、今ではすっかり。寂しいですねぇ。

今年の目標

年末にかけては例年は株価が上昇するケースもありますが、さて今年はどうなる事やら。米中も揉めてるし、日韓も良くないし、欧州や中東も混沌としていて何かと不安材料が多いのが今の情勢。

そんな中で各国が金融緩和施策を打つのだから、ダブついた資金がどこに向かうかを日々のニュースから推測して投資して行くのが楽しめる部分でもあります。

下落局面でのインデックス投資はもちろん正解ではありますが、自分にとってはツマラナイので、手堅い投資先に大半を投じながらも、小さいロットで個別株投資に充てて行きたいところです🙄

昨日の記事でも書いた通り、当面は以下の投資方針で臨みます。

□日本
 不動産とたばこ。配当重視。 
 具体的にはJ-REITとJT(日本たばこ産業)、一部ハイテク。

□アメリカ
 いくつかのグループに分けてポートフォリオを構成。
 具体的にはMSFTやV・JNJなど成長期待の個別株群、BTIなど高配当株群、SPYD・VYMなど高配当ETF群が中心。リセッションに備えてJNKなど債権ETFも組み入れ中。BYNDはバクチ銘柄として保有。

□中国
 ヘルスケア関連の成長期待株。
 中国は高齢化進行が速いため、主に健康産業に属する企業に投資しています。現在はアリババヘルスピンアンテクノロジーなど。

□シンガポール
□マレーシア
□タイ

 金融セクターの高配当の優良企業に投資。

理想は日本・アメリカ・その他でそれぞれ30%のリスク分散。

金額的には年末に2,500万円に届けば御の字でしょうか。
達成にこだわるとリスクオンの投資になりがちなので、自分の性格と上手く付き合って慎重に投資して行きたいですね😇

良い投資で良い人生を。
Good Investment for Good Life.

コメント

タイトルとURLをコピーしました