【株投資結果】9月第3週

株日記

こんにちは。
まっくる@大田区のアニキです。

拙ブログにお立ち寄り頂きありがとうございます。

それでは今回も早速、9月第3週(9/13〜20)の振り返りです。

今週の結果

👉9/20日金曜日の日経平均終値
前日比△34.64円の 22,079.09円(△0.16%)

👉1週間の日経平均終値の推移
9/13 21,988円
9/20 22,079円(100.4%)

👉1週間のNY市場 S&P500社終値の推移
9/14 3,007
9/20 2,992(99.5%)

👉投資資産(日本株+外国株)総額の推移
9/14 25,673,925円

9/20 25,543,019円(99.49%)

9月第3週は日本株が持ち直した一方、アメリカや中国が若干調整したこと、また円高の影響で微減となりました。残念。

日本株の状況

👉マイポートフォリオ日本株現物の推移
9/20 10,093,200円(先週対比 100.1%)

先週とほぼヨコヨコです。
成長期待枠のヤフーを100株のみ追加。
NECとEガーディアンが期待通りに値を上げられていませんが、5Gとネットセキュリティには期待してホールド継続です。

👉マイポートフォリオ日本株NISAの推移
9/20 1,402,670円(先週対比 101.1%)

長らく低迷していたNISA銘柄も、ようやく▼10%以内となって一安心。
積水ハウスの上昇が心強いです。

結果、日本株投資(勤務先の持ち株を除く)の推移はこちら。
9/20 11,495,870円(先週対比 100.26%)

ここに来て日本株の買い戻しがクローズアップされて来ました。
東証一部の売買高も2兆円を上回って一転盛況になっています。

報道では日本と韓国市場は、他にない割安感から海外勢が買い戻ししているとのこと。これまでと逆に海外勢が買って日本人が売る、というパターンですね。

日本では個人投資家を中心に戻り売りしており、そこを外人がさらって行くという構図です。個人の信用損は一時15%に達していて、「やれやれ売り」したくなるのも気持ちがわかると言うものですが… 

また個人が買う時には今度は海外勢が売って個人が損をする…という絵に巻き込まれないよう、トレンド転換には一層気を配りませんとね🤔

外国株の状況

👉外国株(現物+NISA)資産の推移 
9/20 14,047,149円(先週対比 98.87%)

アメリカ、中国やASEANの主要銘柄がやや調整した結果、微減となりました。若干の円高も影響しています。

各国の投資状況は以下の通りです。
※SBI証券の口座サマリーをそのまま貼り付け

保有株(現物)の一覧です。
先ずはアメリカ株。

次に中国香港、シンガポール、タイの保有株です。

外国株NISAです。
アメリカとマレーシアに投資しています。

先週対比での値動きです。
記号の見方)
△=評価益、▼=評価損
赤セル=先週対比で値上がり、青セル=値下がり

保有18銘柄中上昇は3銘柄のみ(赤セル)、15銘柄が下落しています。

今週もVが調整、ハイテク株も少し落ちたものの、MSFTは自社株買い発表で上昇するなど高安まちまちの展開でした。

先週対比では下落していますが、それまでの上昇が急ピッチだったことを踏まえればやむなしと言ったところでしょうか。

来週のポイント

先日まで日本株は10連騰と復調して一安心ですが、当面は上げ基調が継続してくれることを祈るばかりです。

本来なら調整局面で買いを入れていくチャンスですが、これから冬にかけて母の特養への入居や引っ越しなど一定の支出が見込まれますので、手元の現金余力は厚めに残したいところ。

アメリカの利下げも結局は抑えめでしたし、実体経済がさほど悪化しておらずに悪材料出尽くしとなれば一層の値上がりも期待できます。

トランプ氏が中国との交渉でツイートして株価が上下…ってパターンももう勘弁して欲しいですね〜💦

来週はどんな動きになりますやら。

それではおさらい。
日経の過去1年の日足チャート↓

ようやくGW前の水準を回復しました。
急角度で10%近く上昇しているので、にわかに過熱感が囁かれていますが、日本株はまだまだ割安水準であるため、調整を交えつつも見直し買いが続くと見られています。

長期投資家の筆者としては急な上昇よりも徐々に切り上がる方であって欲しい…

25日移動平均線が一気に200日を超えて来たりしたら、一旦ポジション調整を行うなど、下落に備えた動きを取ります。

株は安い時に買って高い時に売る。
上下しやすい日本株ではこうした投資姿勢にて臨みます。

続いて、アメリカS&P500社平均の過去1年の日足チャート↓

こちらは今週横ばいで推移しましたが、強い基調が継続しています。

株価の調整と円高が同時に来ればアメリカへ投資ですね。
その場合はVOOなどS&P500関連が対象になります。トランプ氏は再選を目指して株高政策を取るものと予想されますので、しばらくの間アメリカ市場に資金が流入すると。

それにあやかるコバンザメ作戦で、どうかググッとプラス積み上げ!期待しています。

それでは今日はこの辺で… お疲れ様でした🙌

コメント

タイトルとURLをコピーしました