シンガポールの予感

株日記

6月25日火曜日。外国株状況のレポートの日です。

現時点(日本時間23時)のNY株価と為替は…

小幅反落でのスタートです。

まっくるファンド外国部隊の状況はこちら↓

先週火曜との比較で+5,000円程となっています。

バーチュフィナンシャルの下落が目立ちますね…😭 同社は金融セクターに属しており、世界的な金融株の不振に伴う連れ安状況にあるのかも知れませんね…

続いてNISAの状況です。

こちらは先週火曜日と比べて▲5,000円程となっています。株価はほぼ横ばいながら、2円ほど円高になっている影響で円換算評価額は下がっています🙄

しかしながら、昨今の米中貿易戦争を尻目に、NYダウは過去10年の月足チャートで見ても最高値で推移しています🙄

ダウだけでなく、NASDAQやS&P500指数でも絶好調⤴︎
既に大半を売却してしまった身としては、これから買うのも何だし、そろそろ下がってくれないかと指を咥える展開となっています😅

NYが好調な現在、現金余力を投じて全力買いする手もありますが、昨今の各国景況指数の状況を見るとそれもできず…ちょっと歯がゆいながらも、しばしウォッチに徹することとします🙁 つまらないですが、動きにくいので💦

心境はこんな感じです😅

さて、高値で推移しているNYはさておき、管理人が現在注目しているのはシンガポール市場です。

シンガポールSTの過去1年日足チャートはこちら↓

管理人が注目しているのは、今年4月以降のチャート形状です。いわゆる「カップウィズハンドル」に似ていると感じる訳です。何じゃそれ?と方はこちらをご参照下さい↓

この様に見れば、そう見えてくるかも…?

とまぁ、カップウィズハンドル形成過程といったところですが、シンガポールは成長度の高いASEAN諸国の中でも中核的存在であり、先日はこんなニュースもありましたね〜📰

ASEAN10カ国+日中韓、インドを加えた16カ国で構成される東アジア地域包括的経済連携(RCEP)という巨大な経済圏構想が進んでいる模様です。

まぁ、実現には色々と障害もある様ですが… 管理人としてはシンガポールやマレーシアには継続して投資したいところですので、頑張って欲しいですね😇

ここ数年来投資しているシンガポールの通信大手、シンガポールテレコムも↓

過去1年の日足チャートで中々良い感じになってきました😆高配当株ゆえにしばらくストロングホールドですが、上昇はやっぱり嬉しいものです。

現金余力をシンガポールやマレーシア、はたまたアメリカに投じるか?🤔…難しいところですが、焦らず慌てず。じっくりと投資先を検討することとします。

さて、今週末はいよいよG20。情勢がどう動くのか?

買い出動はあるのか?それとも?

明日はどっちだ?

それでは、今日はこの辺で。お疲れ様でした🙌

コメント

タイトルとURLをコピーしました